結婚できない女性

結婚は人生の一大事、自分の心と素直に向き合うことが大切です

「結婚したいんだけれど、なかなか良縁に恵まれない」そう思っている女性が多いと思います。

職業によっては女性が多い職場もあるし、会社と自宅の往復で結婚相手と出会うきっかけがなかったり、交際をする時間的な余裕がないという人もおられると思います。でも、そうではなくて「結婚できない女性がいる」というのも確かです。

結婚できない女性の特徴は次に挙げるような3つになります。

 

「お相手に望むものの優先順位がはっきりしていない人」

まず1つめが「お相手に望むものの優先順位がはっきりしていない人」です。結婚は長期的に及ぶ大切な人生の一大事ですが、「あれも、これも、それも100%完璧に自分の希望に合う人」はいないと思います。

だから「私はお相手に何を一番に望むのか?」をきちんと自分で整理して、把握することがとても大切なことだと思います。人によって何が一番大切と思うかは違いますが「年収〇〇万円は絶対に譲れない」とか、「嫁ぐとしたら実家から〇〇分以内くらいの近郊の人」、「まず第一条件としては優しい人が一番」、「年齢は年下2歳くらいから、上は3歳くらいまではOk」など、いろいろな要素があると思います。

その中で「自分が結婚相手に対して譲れないもの」を優先順位をつけて3つ~5つくらいを挙げておいて、頭の片隅に入れておくことが大切なのではないかなと思います。

ただ単に結婚願望を抱くのではなくて、より現実的に冷静に自分の心を見つめて「私はこんな人と結婚をしたいと思っているんだ」ということを自分自身が知っていることは大切なことだと思います。

 

「理想を追い求め過ぎている人」

2つめは「理想を追い求め過ぎている人」です。

結婚相手を選ぶのは慎重に、という気持ちは誰もが抱く気持ちですが「帯に短し、たすきに長し」というような感じで理想ばかりを追い求めてしまうと、大切なものを見落としてしまうような気がします。「夢みる夢子さん」のように「今、この人って決めなくても、いつかもっと私にぴったり合う人と出会えるはず」そう思ってしまいがちなのが人間ですが、「自分も結婚相手を選ぶ権利があれば」、「相手の人にも結婚相手を選ぶ権利はある」というこになると思います。お互いに理想とする人というのがあるわけだから、夢を見過ぎないことも大切だと思います。

 

「自分に自信が持てない人」

3つめは「自分に自信が持てない人」です。自分に自信を持っている人というのも、そんなにはいないと思いますが、「自分のマイナスの要素にばかり視点を置いて、良いところを探そうともしない」のでは幸せになれないと思います。私自身も大手の結婚相談所に入会をして結婚活動をした経験があるものの、成婚して退会することができなくて「私って、ダメだなぁ」、「どうせ私なんか」と思っていた時もありました。

でも大手の結婚相談所を退会してから別の結婚相談所へ入会して、「新しい自分に生まれ変わって結婚活動をするんだ」と決めてからは、自分の短所はもちろん長所にも目を向けられるようになって「私、ここは良いところだね」と思えるようになりました。頑張っている自分自身を認めて、励ましながら仕事も遊びも結婚活動も頑張りました。そうできるようになると、何だかとっても気持ちが楽になったのです。

「ダメなところがあるのは、人間だから当たり前。だけど私は悪いところだらけの人間じゃない!」そう気付くことが大切だと思います。まとめとしては自分が結婚相手に望むことの中で「本当に譲れないものは何か?」を知って、理想を追い求め過ぎずに現実を見ることが大切だと思います。

そして「結婚相手に望むことが多ければ多いほど、相手から求められることも増えていく」ということを忘れないことも大切だと思います。あとは「自分に自信を持つこと」が大切だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です