婚活パーティー

婚活パーティーでカップル成立の為に女性ができる工夫とは

近年では男性よりも女性の方が積極的だとされていて、それは婚活においても同様の傾向が見られます。

なので一昔前のように女性が受け身でいると婚活は上手くいかない傾向が見られ、以前は男性が行っていたような工夫を現在では女性の側が行う事が婚活成功のカギになっているとされています。

 

1.沈黙をつくらない

まず最初に挙げられる工夫は会話の仕方になっていて、一般的に婚活パーティーで最も避けなくてはいけないのは沈黙することになります。基本的に婚活パーティーは会話をする事でコミュニケーションをとり意気投合するという形になりますので、沈黙してしまう事は絶対に避けるべき状況だとされています。

したがって男性が饒舌な方であればそれを聞いている事で沈黙は避けられるのですが、そうでなかった場合には女性が話題を振ってあげる必要があります。

そしてこの時にはできる限り相手に合わせた話題を出すことが重要になっていて、例えば同年代であれば子供の頃に流行った遊びやタレントなどの話題は盛り上がると言えます。

また、男性が自分よりも年上であれば昔から歌われているロングセラーの歌謡曲などは話題にしやすいですし、年下の場合は逆に最近の流行などを質問する事で話題がなくお互いに黙ってしまう事を避ける事が可能になります。

2.隣で会話する

なお、会話をする時の工夫として挙げられるポイントにはどの様な位置で会話するかというものがあります。一番良いのは隣り合って座りながら会話をする事になっていて、こうする事で無理なく相手のパーソナルスペースに入る事ができますので男性に良い印象を持たれやすくなります。

反対に避けるべきなのは相手の真正面に立つ事になっていて、心理学の世界でも相手の真正面に立つ事は敵対心を煽るとされています。なので立って会話をする場合には真正面ではなく左右のどちらかにズレてできる限り隣に近い位置で会話をする事が重要になっています。

 

3.相手の目を見る

また会話中は相手の目を見る事も好印象を持たせる為の工夫ポイントとされていて、一般的に目を見ると言う行為は相手に興味を持っていると言うアピールになります。したがって会話中に相手の見る事で自分の話を真剣に聞いていると思わせる事ができますし、それは男性にとって自尊心を満たせるので相手の女性への好印象に繋がっています。

次に、さりげない気遣いも非常に大きなポイントになっています。この場合は女性らしさをアピールする絶好のチャンスとされていて、例えば相手の飲み物が無くなっていれば取りに行ったりついでにグラスの水滴などを拭いてあげると細やかな気遣いを見せる事ができます。

 

4.良妻をイメージする

また相手が汗をかいていればどうぞと一言添えてハンカチを差し出したり、上着を預かったりする事も良妻と言ったイメージを持たせることが可能になります。ただしあまりにも露骨にやり過ぎてしまうと逆効果になってしまう可能性が出てきます。

例えば相手のタバコに火をつけたりなどの行為はキャバクラ嬢を連想させてしまいますので、婚活パーティーと言う場においては大きなマイナスポイントになります。なのであくまでもさり気ない気遣いをする事が重要になっていて、女らしさをアピールできる貴重な機会ではありますが過剰なアピールは避けた方が良いと言えます。

この様に婚活パーティーでカップル成立の為に女性ができる工夫は大きく分けて会話と気遣いの二種類になりますが、その両方ともが非常に重要なポイントになっています。したがってこのポイントを抑えておかない限りは婚活は不利になると言えますし、逆にこの工夫すべきポイントををしっかりと把握して実践できれば他に多少の問題点があったとしてもカバーすることは十分可能になります。